ハイジニーナ

そして最近需要が増えてきているのが、ハイジニーナ脱毛と呼ばれるデリケートゾーンです。
これは近年とても人気がでてきた箇所になります。
今急速に人気を獲得しています。

特にVラインが人気ですね。
Vラインとはショーツや水着を着た時に見えるビキニラインのことです。
この部位のムダ毛脱毛は夏の海やプールで大活躍するので人気上昇中!
デリケートゾーンが毛深い人におすすめです。

夏、水着を着るときにはみ出していたら恥ずかしいから…という理由で脱毛をされる方が多いです。
また、どんな下着も選んでもキレイに着れるようになります。
最近はにおいやかゆみの防止、生理中に不快感がなくて快適という理由で人気が高まってきています。

生理のときのあの蒸れたかんじがなくなるので、憂鬱な日もすっきりと過ごせるようになりますよ。
デリケートゾーンを清潔に保ちたい、という点においても効果的です。

今ではすっかり当たり前となった、サロンでの脱毛。

全身脱毛を考えているけど、なかなか一歩を踏み出せないという方。
まずは上記で紹介したような箇所からはじめてみてはいかがでしょうか。
そして、「全てキレイにしたい!」という女性も大変多く、全身脱毛専門サロンの店舗数がどんどん増えています。
ワキ・脚・ハイジニーナなどのパーツ脱毛や全身脱毛なら、 ストラッシュ脱毛がイチオシです(^^)

脱毛サロンでのエチケット・マナーは?

ただ、その脱毛サロンに行く際にも最低限守らなければいけないマナーやエチケットが存在します。
そのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

これでバッチリ!脱毛サロンに通うときの6つエチケット

3日前~前日までに、事前に自己処理を行う

施術をスムーズに行うためにも、必ず事前に行っておきましょう。
サロンによっては、自己処理をしないで行くと、施術をお断りされることもあります。
「当日ではだめなの?」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、毛が1mm程度残っていたほうが施術の効果が出やすいのです。
この際、肌を傷つけないように注意しましょう。
例えば、もし、毛抜きを使ってムダ毛を抜いていた方は、すぐに中止しましょう。
あるいは、カミソリで剃っていた方は、肌荒れや小さい傷がつくリスクが高いので、止める様にしましょう。
脱毛施術前のムダ毛の処理は、肌への負担を少なくするため、電気シェーバーを使うのがベストです。

背中やデリケートゾーンなど、自分の手の届かないところに関しては、有料で処理してもらうか、サロンによっては無料で行ってくれるところもあるようなので問い合わせてみるのが良いでしょう。

施術箇所には何もつけないで行く

日焼け止めやクリーム、制汗剤もNGです。
なぜなら、それらが毛穴をふさいでしまい、脱毛の効果が落ちてしまうからです。
もしどうしてもつけて外出しなければいけないという場合でも、脱毛サロンに入る前にはきちんと落としてから行きましょうね。

12時間前の飲酒は禁止

お酒を飲むと体温が上がり、赤みやかゆみ等の肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。
万全な体調を整えて来店しましょう。

脱毛部位は清潔にしていく

施術をしてくれる方も、同じ人間です。
不清潔なのは嫌ですよね。

前日または当日にきちんとシャワーやお風呂で身体を洗っておきましょう。
そして、清潔な状態で脱毛に臨みます。

体調のリズムなどを考慮して施術スケジュールを立てる

デリケートゾーンは、一般的に生理中の施術はできません。
また、デリケートゾーン以外の部位の施術でも、生理前後は、お肌が敏感になるので、施術に伴いトラブルを生じる場合もあります。
ですから、生理前後の脱毛施術を避ける様に、予め、スケジュールを立てましょう。

これらのマナーやエチケットを守ることで、お互いが気持ち良く施術ができるだけでなく、より効果的な脱毛にもつながるので、しっかりおさえておきましょう。
そして、脱毛サロンに通うならば、ラココがおすすめです。

無痛ではない出産の場合

経過により痛みも強くなりますが、無痛の場合は痛みでは経過がわからないので、NSTの波形で陣痛感覚が狭まり、出産が進んでいることを確認しながら様子を見ます。

子宮仙台脱毛が全開大となり、赤ちゃんが降りてきたらいきんで分娩します。
人によっては感覚が失われていて、いきむのが難しいという場合もありますが、基本的には無痛分娩でも最後はいきんで出産します。

と、このような経過が計画無痛分娩では行われます。

デメリットとしては、最後にいきむことができない人がある程度いるため、普通の分娩に比べると鉗子分娩や吸引分娩が行われる確率が上がります。

鉗子や吸引分娩は行われなかったとしても、いきむ力が弱いため処置として腹部を圧迫されることが多々あります。
医師や助産師が押し出す形になりますが、これが思いがけなく苦しかったという人は多いです。

また、費用が高くなるという側面もあります。
前日から入院して各種処置を行うことや、薬剤の費用、また鉗子や吸引分娩になった場合も別途費用が必要になりますので、全体的に費用は高めになります。

その他は、体質によりますが、麻酔による吐き気などの副作用を起こす人もいるので、出産の間、つわりのような吐き気と戦ったという人や、作用が切れてから吐き気を催したという人も一定数います。

また、感覚が鈍っているため知らず知らずのうちに腰に負担のかかる体制を長時間取り続けていて、産後しばらく腰痛がなくならなかったという人もいます。

このようにデメリットはありますが、やはりメリットも目立ちます。
なんといっても普通の分娩に比べて痛みが少ないため、体への負担がかなり少なくて済みます。

冒頭の欧米諸国との比較になりますが、痛みを味わう日本の出産の場合は、自然分娩でも5日間は入院するのが一般的です。

しかし、無痛分娩が一般的であるアメリカやフランスの場合には出産の翌日、または翌々日には退院することが一般的で、日本のようにゆっくりと病院で体を休めるという概念がありません。

また、出産の日取りを自分で決められるため、ご主人が仕事の休みの日に設定できたり、他の都合との兼ね合いを取りやすくなります。

このようにデメリットもあればメリットもありますので、双方理解した上で、自分に合った選択肢を取り、人生指折りの大仕事である出産を最適な形で迎えられるようにしましょう。

妊娠して大きな喜びに包まれつつ

生活習慣の見直しの観点から言うと、日頃デスクワークやパソコンなどでの作業が多く常に同じ姿勢で負担をかけている人や、高さの合わない枕を長期に使用している人、ゲームやスマートフォンのアプリなどを頚椎に負担のかかる姿勢で行っている人は、ゆがみやすい傾向にあるといえますので、そこから改善していくのが良いといえるでしょう。

長時間同じ姿勢でパソコンやデスクワークを行っている人は、途中で中断してストレッチやマッサージをするなどして硬くなっている状態をほぐすようにしましょう。

また、背中も同様に伸ばすことでゆがみが解消されて頭痛がなくなるとされています。
心の片隅に出産の痛みへの恐怖がつきまとう女性が多いと思います。

出産の痛みを味わってこそ母になる、などといわれたのは一昔前の時代であって、今は無痛分娩という選択も増えています。

欧米諸国では無痛分娩が当たり前、特にフランスではほぼ100%が無痛で行われていますが、日本ではまだまだ麻酔を使わずに行う出産が主流です。

そして、無痛分娩の中には、自然に陣痛が起きるのを待つタイプと、陣痛促進剤などを使って産む日を完全にコントロールできる計画無痛分娩と2タイプがありますが、計画無痛分娩にはデメリットがあるのでしょうか?

まず、計画無痛分娩とはどのようなものかというと、一般的な出産は陣痛が短い時間の等間隔で起きてきたり、破水をするなど出産の兆候がみられたら入院します。

そして個人差が大きいですが、初産の場合は10時間以上は陣痛を耐えながら徐々に赤ちゃんが降りて来てくれるのを待ちます。
そして、赤ちゃんが出てくる子宮口が開き、赤ちゃんが降りてきたら分娩し、出産となります。

計画無痛分娩は、陣痛が起きる前、多くの場合は37週あたりの正期産(早産ではない時期)の早めの段階に出産の日取りを決めます。
その前日に入院し、多くの場合はまだ子宮口が開いていないので、バルーンやラミナリアなどを挿入して人工的に子宮を開かせる処置をします。

そして、陣痛促進剤を少しずつ点滴し、陣痛を起こしていきます。
無痛分娩で行われる麻酔は硬膜外麻酔です。

そのためのカテーテル(細いチューブのようなもの)を背骨の間に挿入する処置も成されますが、カテーテル挿入のために局部麻酔の注射がされるので、個人差はありますが痛みは注射の痛みぐらいです。

陣痛促進剤の作用で徐々に陣痛は出て来ますが、早い段階ではまだ麻酔は行われません。

あまり早い段階から注入してしまうと、陣痛が起こりづらくなり、長時間の出産となるため胎児にも母体にも負担が大きくなるということで、5cm開大が注入の目安となります。

つまり、半分ほど開いた状態になるまでは、陣痛の痛みは感じている状態にあり、それを超えると注入されるため痛みは大幅に減少します。

といっても、効き目は人により個人差が大きく、同じ量でも下半身全体の感覚がなくなる人もいれば、子宮からお尻周辺のみ感覚が無い程度の人もおり、陣痛を全く感じない人もいれば、声が出るぐらい痛みを感じるという人もいます。

陣痛の経過はNSTという装置をつけているので、印刷される波形でわかります。

頭痛が生じる要因

歯の噛み合わせが悪いことでも起こるとされており、実は歯の噛み合わせが悪いことで頚椎がゆがんで頭痛を起こしていることもありますので、噛み合わせを改善することで結果的にゆがみが治ることもあるのです。

現代人は昔に比べて柔らかいものしか食べていない傾向にあるために顎が弱くなり噛み合わせに異常が出ることが多いとされています。

加えて、私たちは8~10キロほどある頭を一本で支えているわけですから、噛み合わせが悪いことでうまく支えられなくなり頭が前傾して猫背になり、ゆがんでしまうことが考えられます。

噛み合わせを改善するには、歯医者で歯列矯正やテンプレート療法などで治療を行っていくのが一般的です。

歯列矯正は、矯正器具を歯に装着して歯を正しい位置に固定して治していく方法であり、テンプレート療法は歯の噛み合わせ以外にも全身のゆがみに対しても有効だとされている方法であり奥歯の高さを調整することで頭を正しい位置に戻して噛み合わせやゆがみを治していく方法です。

ただ、この治療法は基本的には自由診療となるために高額な費用がかかるので、なかなか始めるのは難しいことがあります。

噛み合わせによって頭痛やゆがみを生じているのではと感じている場合には、まずはかかりつけの歯医者に相談してみるのが良いでしょう。

これらの治し方でも改善しない場合には、首の骨と頭蓋骨の間にある後頭関節が前後や左右にずれている人は、なかなか治すのが難しいとされています。

この後頭関節がゆがんでいると、日常生活に支障が出るほどのひどい頭痛や強い吐き気、めまい、あるいは眼精疲労や耳鳴りなど様々な症状の原因となるとされています。

顎がずれてる人は確実に後頭関節がずれており、バランスよく乗っていなく、ちょっとのデスクワークやパソコン作業でも上半身に不調を抱えやすいとされています。

後頭関節は整体師でも調節するのが難しいとされており、せっかく整体院に行ってもホルモンバランスや自律神経の乱れなどで片付けられてしまうこともあります。

ただ、この後頭関節のゆがみも自分で調節すること可能ですので、体をゆっくり動かしてゆがみを改善できるようにいつでもセルフケアできるようにしておくのが望ましいでしょう。
壁と向き合って肩幅に足を開き、まずは腰だけを左右に動かし、回しやすいほうは10回、回しにくい方は5回と少なめに回すようにします。

今度は、壁のおでこを付けて固定して先ほどやったように左右の腰を回していくと、後頭関節のズレが解消されて動きが滑らかになることが実感できますので、試してみてはいかがでしょうか。

このように、原因は一つに限らずそして原因によってもその対処法は異なってきますので、まずは自分がどんな症状であるのかを把握し、それに見合った治し方で対処していくことをおすすめします。

さらに、日々の運動も重要です。

腸に刺激を与え、蠕動運動を促すためにも、運動は定期的にするようにしましょう。

便秘が続くと、どんどん便が硬くなり、腸の動きも悪くなります。
ジョギングやウォーキング、ヨガやストレッチなどを行うことで、腸に動きを与え、それが排便につながります。

便秘になってから、運動をするのではなく、普段から運動をして、便秘を防ぐということがとても大切です。

排便困難は現代人には多く、薬を飲んで治せば良いと軽視している人もいます。
便秘が続くことで病気になることもあったり、便秘の背景に実は病が潜んでいたということもあります。

そのため、たかが便秘と甘く見ずに、常日頃から水分補給、規則正しい生活、栄養バランスの良い食生活、運動を心がけましょう。

また、ストレスも便秘の原因となるため、ストレスを上手に発散できる方法を身につけておくことも大切です。

朝は身体をデトックスする時間帯でもあります。
腸が活発に動き出す時間帯であるため、朝食を食べた後に慌てて学校や仕事に行くのではなく、少し朝早く起きるようにして、ゆっくりトイレに行く時間を作るなど、自分なりに工夫をしてみましょう。

いくら温めても解消しない冷えや吐き気を伴うような頭痛がなかなか治らない場合は、首がゆがんでいる可能性が高いとされています。

冷え性や頭痛の原因は、ただ体質や片頭持ちという理由以外に首にズレが生じていることでも起こるとされているため、いくら体を温めても鎮痛剤を使用しても改善しないことが考えられます。

実は、首というのは大きなスイカぐらいの重さ頭を1本で支えていることもあり、重さがダイレクトの影響しやすい場所でもあります。

それ以外にも瞬時に動かしたり左右上下に動かすことで負担がかかったり、あるいは背中や腰などのゆがみがズレとなってあらわれることもありますので、非常に影響を受けやすいのです。

頭痛が起こる原因としては、頚椎がゆがむことで椎骨の血流が悪くなると動脈周辺の血流も悪くなり、結果的に筋肉や血管の緊張が起こることで頭痛を発症するとされていますので、ズレやゆがみを治さない限り改善しないことが考えられます。

冷えが起こる原因としては、首の骨の中には脳から続いている脊髄の束が収まっているので硬くなったりズレが生じることで周囲の筋肉や靭帯がひきつることで首の動かし方や肩こり、頭痛などに影響が出るだけでなく副交感神経にも影響するために冷えが生じるとされています。

では、ズレの治し方の効果的な方法とはあるのでしょうか。

下痢も辛いものですが、便秘も酷くなると出したいのに出せないという辛い症状に悩まされます。

悪化すると、吐き気がするなど気分が悪くなったり、溜まりに溜まったものが下痢として出てしまい、便秘と下痢を繰り返してしまう負のスパイラルにはまってしまう人もいます。

また便秘の対処法として下剤などに頼っている人もいますが、薬に頼りすぎることで、自発的な排便の力が弱まってしまうこともあるため、薬に依存しすぎないように注意が必要です。

便秘は普段の生活習慣や食生活を見直すことで、ある程度改善が可能です。
それでは、硬くて出ない排便困難の対処法について見ていきましょう。

まずは、水分です。
ミネラルウォーターなど水を飲む習慣を身につけましょう。
必要以上の水を飲み過ぎることは身体に良くありませんが、絶対的に水分が不足している人が多くいます。

夏場はエアコンがよく効いた部屋にいると、あまり喉の渇きを感じずに十分な水分を摂取せずに一日を過ごしてしまうことがあります。

しかしながら、椅子に座って仕事をしているだけでも、水分は身体から失われていきます。

人の身体の6割は水分なことはよく知られていますが、補給の大切さをあまり理解していない人が多く、十分摂れていないことがあります。

仕事をしながら、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなどで水分を補給しているから大丈夫と考えている人もいますが、便秘の解消にはやはり水の摂取がとても重要です。

水が不足することで、便が硬くなりがちな人は意識して水を飲むことが必要です。

どれだけ水を飲むかは、体重など、個人ごと。
自分の量を把握した上で、水を習慣的に飲むようにしましょう。

一気にたくさん飲むと飲みにくいと感じたり、頻尿となり身体から水分がたくさん出てしまうことがあるため、少しずつ頻繁に水を口にするようにすると良いでしょう。

次に食生活です。
食生活における便秘対策の要は何と言っても野菜です。

便秘には食物繊維を摂ると良いということはよく知られていますが、食物繊維には水溶性と不溶性があり、これらの2つをバランスよく食事に取り入れることがポイント。

色々な種類の野菜をできるだけ多く食事を心がけて、どれか特定の野菜に偏らないようにすることが便秘対策には理想的です。

また、果物も意識して食べるようにすることで、排便困難の解消につながります。

普段から間食に甘いものを食べる習慣がある人はスナック菓子やチョコレートなどが食べたくなるかもしれませんが、間食をフルーツに変えるだけでも、腸環境は変化します。