さらに、日々の運動も重要です。

腸に刺激を与え、蠕動運動を促すためにも、運動は定期的にするようにしましょう。

便秘が続くと、どんどん便が硬くなり、腸の動きも悪くなります。
ジョギングやウォーキング、ヨガやストレッチなどを行うことで、腸に動きを与え、それが排便につながります。

便秘になってから、運動をするのではなく、普段から運動をして、便秘を防ぐということがとても大切です。

排便困難は現代人には多く、薬を飲んで治せば良いと軽視している人もいます。
便秘が続くことで病気になることもあったり、便秘の背景に実は病が潜んでいたということもあります。

そのため、たかが便秘と甘く見ずに、常日頃から水分補給、規則正しい生活、栄養バランスの良い食生活、運動を心がけましょう。

また、ストレスも便秘の原因となるため、ストレスを上手に発散できる方法を身につけておくことも大切です。

朝は身体をデトックスする時間帯でもあります。
腸が活発に動き出す時間帯であるため、朝食を食べた後に慌てて学校や仕事に行くのではなく、少し朝早く起きるようにして、ゆっくりトイレに行く時間を作るなど、自分なりに工夫をしてみましょう。

いくら温めても解消しない冷えや吐き気を伴うような頭痛がなかなか治らない場合は、首がゆがんでいる可能性が高いとされています。

冷え性や頭痛の原因は、ただ体質や片頭持ちという理由以外に首にズレが生じていることでも起こるとされているため、いくら体を温めても鎮痛剤を使用しても改善しないことが考えられます。

実は、首というのは大きなスイカぐらいの重さ頭を1本で支えていることもあり、重さがダイレクトの影響しやすい場所でもあります。

それ以外にも瞬時に動かしたり左右上下に動かすことで負担がかかったり、あるいは背中や腰などのゆがみがズレとなってあらわれることもありますので、非常に影響を受けやすいのです。

頭痛が起こる原因としては、頚椎がゆがむことで椎骨の血流が悪くなると動脈周辺の血流も悪くなり、結果的に筋肉や血管の緊張が起こることで頭痛を発症するとされていますので、ズレやゆがみを治さない限り改善しないことが考えられます。

冷えが起こる原因としては、首の骨の中には脳から続いている脊髄の束が収まっているので硬くなったりズレが生じることで周囲の筋肉や靭帯がひきつることで首の動かし方や肩こり、頭痛などに影響が出るだけでなく副交感神経にも影響するために冷えが生じるとされています。

では、ズレの治し方の効果的な方法とはあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です